健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

MEDIA
調剤薬局ジャーナル

2020年3月号

改正薬機法と患者QOLの維持・向上
薬局の信頼と価値を高めるのは専門的薬学管理とともに「運動」、「食事・栄養サポート」

===================

日本保険薬局協会(NPhA)南野利久会長

「医療機関等との情報の共有と連携を深めていくことが重要」

===================

 薬機法改正による認定薬局(専門医療機関連携薬局、地域連携薬局)は、患者からは選択しやすくなり、医療機関からは薬局の機能がよりわかりやすくなるとするもので、患者や地域から、薬局がより信頼される存在になると期待される。一方、日本人の死因の第1位であるがんは、治療法の進歩により“5年生存率”が大きく改善。働きながら治療するケースも増え、長く付き合う疾患となっていることから、特に専門医療機関連携薬局の役割が重要になることとは疑う余地がない。薬剤師の高い専門性の発揮と医療機関等との連携は言うまでもなく、患者・家庭のQOL維持・向上と悩みに寄り添うことで、「信頼される薬局」の価値をより高めることになるだろう。

(以下本文に続く)

 

主な内容
≪解説≫

■地域包括ケアと薬局の行方・・・医薬ジャーナリスト 藤田道男氏
「対人業務、かかりつけ化、連携がキーワード」
■新型コロナウイルスにビタミンCは効果があるか!?・・・本紙主幹 木村忠明

≪レポート≫

■アルフレッサ ヘルスケアの「LIFE SUPPORT FAIR」レポート
専売商品の取り扱いで差別化を図り、利益をどう獲得していくかが“カギ”
勝木代表、専売商品取扱店全国大会で専門性と健康相談の重要性を訴える

≪セルフメディケーション対談シリーズ15≫

■ゲスト:クラスAネットワーク会長 橋本薫氏 (利き手 マザーレンカ社長 池田貴子氏)
「そうだ、薬局へ行こう!」となる店づくりをーーー「足を寄せる病院」の企画書を書いたのがそもそもの始まりーーー

≪店舗レポート≫

■「タイヨーラボ・ショップ」オープン・・・太陽化学
実店舗で地域住民との交流の場に

≪注目トピックス≫

■クリニコ 栄養補助飲料「エンジョイ Argina(アルギーナ)」新発売
高齢者の低栄養リスクに「栄養貯金」
■SARAYA×大阪大学歯学研究科の共同研究講座で解明
熱帯ウコン成分「クルクミン」が歯周病菌に克つ!~産学連携でハイエンドモデル構築~
■エー・アンド・デイとタニタが業務提携
技術標準化で「メーカー主導」から「利用者ファースト」へ

≪ヘルスケア最前線≫

■「くすり」と「運動」の店アクティスファーマシー
運動指導薬剤師が多発する生活習慣病に悩む地域住民のために、個別の運動と栄養を提供

≪物販への取り組み≫

■大塚食品「マイサイズ」シリーズ 薬系での伸びの背景
■森永乳業「シールド乳酸菌」健常女性の「感冒」に有効

≪連載≫Dr.Grace 前田の健康寿命延伸シリーズ(3)

■脳を活性化するためのサプリメント

米国で開発し日本で製造した
脳と体のアンチエージングサプリ

≪連載≫温故知新ロードと出会い(14)

■佐藤製薬時代に成功した大槻彰さん

≪連載≫HIT(家庭における輸液療法)最前線レポート(41)

■茨城県つくば市 あけぼの薬局メディカル店

一覧に戻る

購読・購入・お問い合わせ

年間購読の方

内容欄に、ご購読開始日をご記入ください。(例:〇年〇月号から1年間購読)
なお年間購読はバックナンバーよりご注文を承ることはできません。
過去のバックナンバーをご希望の方は一部売り申込みにてご注文ください。

一部のみ購入される方

内容欄にご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行
隔月1日発行(年6回刊行)
発行部数
20,000部
体裁
通常16ページ
(一部カラー)
版型
タブロイド判
購読料
年間6600円+税
読者層
調剤薬局/相談薬局/医薬品卸/製薬メーカー/化粧品メーカー/健康機器・医療機器メーカー/健康食品メーカー/医療衛生メーカー/介護食品・用品企業/在宅支援連絡所など