健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

MEDIA
月刊H&Bリテイル

2021年9月号

ヘルスケア領域の争奪戦始まる

スーパーが野菜の機能性表示を実験、調剤事業への参入も

予想されていたことだが、コロナ特需の一巡により、今年初頭からドラッグストアの業績が前年の水準を下回っている。販促を再開するも既存店の客数増には至らず、人件費を含む販管費比率の上昇が収益を圧迫している。

同じ特需を享受したスーパーマーケットの業績も類似点はあるが、ライフコーポレーションやヤオコーなどは5月から6月にかけて既存店客数が回復するなど、ドラッグストアとは異なる傾向がみられる。

ここ数年のスーパーマーケットは、食品強化型のドラッグストアに顧客を奪われていたが、この間にも食のボリュームと品質の向上に愚直に取り組み、その結果コロナ禍で巣籠りを強いられた生活者の支持を得てきた。

そして現在、スーパーマーケットが、ヘルスケアの領域にも触手を伸ばしている。

全国スーパーマーケット協会の横山清会長は、弊紙5月号の日本ヘルスケア協会(JAHI)の今西信幸会長との対談で、ヘルスケア機能の構築に言及し、食による(疾病)予防領域の開拓に意欲を示していた。

JAHIが組織化している「野菜で健康推進部会」は、野菜や果物の機能性表示を研究し、農水省や内閣府の協力のもと、店頭でそれぞれの機能性を表現したPOPを掲出する実証実験をおこなっている(7面参照)。

また、価格訴求型スーパーとして急成長中のオーケーは、この夏に調剤薬局事業に参入している。ヘルスケア領域をワンストップショッピングの新たなピースと位置づけ、ドラッグストアから顧客の奪取も念頭に入れている。

(以下本文に続く)

主な内容
■社説

マイノリティを私事(わたくしごと)と考える

■連載

●ヘルスケアの可能性高める大麦③
 注目集める大麦ベータグルカン

〝伊東精麦所「大麦ベータグルカン」がジャパン・フード・セレクションで金賞〟

■インタビュー:ピップ 松浦由治社長

●「新常態を支える中間流通業の機能」

――店頭重視の姿勢は当社の根幹――
渇望する声に応え展示会をリアル開催

 ピップは7月、2年ぶりとなる展示会「ウエルネスフェスタ」をリアル会場で開催した。会期中は出展メーカーと来場した小売業が熱のこもった商談を展開し、同社の中間流通機能が改めて認められた格好である。このほど松浦由治社長にインタビューし、先の展示会を振り返ってもらうとともに、来期以降の方針について聞いた。

■インタビュー:ココカラファイン 塚本厚志社長

●未来に向け動いたマツキヨココカラ&カンパニー
~ココカラファインの塚本社長が今、伝えたいこと~

「生活者と患者のニーズに応えるヘルスケアネットワークを構築」
――健康サポート薬局は CURE・CARE・FINEを一元的に実践していく場――

 10月1日付でマツモトキヨシHDとココカラファインが経営統合し、新会社マツキヨココカラ&カンパニーが誕生する。今後は、国内最多となる3,000店を拠点として、「美と健康」という普遍のニーズに応えるネットワークを構築し、産業としてのドラッグストアの地位向上にも貢献していく。その一翼を担う現・ココカラファンの塚本厚志社長にこのほどインタビューし、統合を控えた同社の〝今〟を語ってもらった。

■特集:日本ヘルスケア協会(JAHI)

●ヘルスケア対談:JAHI今西信幸会長×オフィス一六 古西正史氏

「『お寺』の『食パン』は心のヘルスケアにつながる」
――「寺パン シルクロードブレッド」の可能性――

■レポート:タイヨー「イキイキ生鮮市場 東陽町店」

●「JAHI野菜で健康推進部会」
野菜果物等の一般的な特徴を表示する実証実験

――野菜の機能伝達し摂取拡大図る――

■連載:クローズアップ在宅医療・介護

●第15回
帝京平成大学薬学部教授 小原道子さん×さつきホームクリニック・医師 月永洋介さん

「栃木県で在宅医療に取り組む情熱あふれる医師」
――在宅医療では「宝の持ち腐れ」になってはいけない――

■レポート:「2021 AJD商品フェア(秋・冬)」

「変化する消費者動向に対応した商品が参集」
――総売上金額は172億円に――

●AJD注目商品
ダン・ヘルスケア「スミスリンシャンプー プレミアム」
――高い認知度活かし店頭で選ばれる商品へ――
「『抵抗性アタマジラミ』を駆除する唯一の医療薬」

■インタビュー:山本漢方製薬 山本整社長

●ロングセラーの「大麦若葉粉末」シリーズの拡販戦略
――「大麦若葉粉末100%」「乳酸菌大麦若葉粉末」「30種類の国産野菜+有機大麦若葉」「ヨクイニン錠」の拡販に貢献したCM展開――

■SDGsインタビュー:トモズ 小室伊都子副部長

●キリンビバレッジ「キリン生茶」「同 ほうじ煎茶」ラベルレス6本パック・「同デカフェ」
――環境配慮型商品がSDGs啓発のカギ――

■データを知る:機能性表示食品最新動向

●機能性表示食品売上ランキング
「免疫市場を主導するプラズマ乳酸菌
 BtoBへ原料供給も」

■注目商品紹介

●機能性素材:帝人「バーリーマックス」
――エビデンスに裏付けされた食品素材をBtoCへ展開――

●新商品:アルフレッサ ヘルスケア専売商品「記憶の番人」
――認知機能サポート市場伸長の期待大――
エルゴチオネイン配合した認知機能をサポートする機能性表示食品

●クローズアップカテゴリー:佐藤製薬「ストナEX」シリーズ
――症状特化型処方×液体inカプセルのかぜ薬――

■ドラッグストアと無菌調剤室

「増える在宅医療への参画と
薬剤師の患者宅への訪問活動」

■連載

●SOOデータから読み解く!⑤コロナ禍で伸長したOTCカテゴリー
「整腸薬が118.4%に伸長、うおのめや生薬も好調」

●10兆円産業に挑むドラッグストア今昔物語 (38)
「人を大切にして地域住民の〝心と体の健康づくり〟を優先する経営哲学を実践」
――ローカルだからこそできるビジネスに取り組む日々を語る「クスリのサンロード」創業者の樋口俊英さん③――
     ――流通ジャーナリスト 山本武道

●ドラッグストアのヘルスケア戦略(53)
「『毛穴撫子』がアジアで人気」

●YOKOTA's EYE
「8月から店舗販売業の管理者要件変更」
――法令遵守体制整備の柱は管理者要件の変更――

■シリーズサラヤ(33)

●長期化するコロナ禍に必要な対策とは
「手指消毒の〝習慣化〟を新商品で改めて啓発」
――手指消毒剤におけるサラヤの集大成「アルソフト」新発売――

一覧に戻る

購読・購入・お問い合わせ

年間購読の方

内容欄に、ご購読開始日をご記入ください。(例:〇年〇月号から1年間購読)
なお年間購読は昨年のバックナンバーよりご注文をすることはできません。
過去のバックナンバーをご希望の方は一部売り申込みにてご注文ください。

一部のみ購入される方

内容欄にご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行
毎月1回(1日)
発行部数
50,000部
体裁
単色(一部カラーページ)
版型
PDF版、紙媒体(タブロイド判)
年間購読料(税込)
PDF版:13,200円、紙媒体:14,520円
購読層
小売業(ドラッグストア、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、GMS、ホームセンター、スポーツ用品店等の経営陣、バイヤー、店舗スタッフ/医療提供施設(調剤薬局等)や介護事業者の経営陣、バイヤー/受託・OEMを含むメーカー(医薬品、化粧品、雑貨品、健康食品・食品・設備機器、サービス事業者)、これらに関係する卸売業、商社、3PLなど