健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

MEDIA
ヘルスライフビジネス

2021年1月15日号

産学官で免疫の指標化検討へ

昨年は免疫表示の機能性表示食品が話題となったが、多くの􀣄事業者が同じように免疫で届出をしようと取り組んでいると見られる。そこで、今回新春企画として、食品成分の免疫機能について研究実績のある国立研究開発法人産業技術総合研究所の辻典子氏(細胞分子工学研究部門 食健康機能研究グループ 免疫恒常性研究特別チーム長 主任研究員)に話を聞いた。この中で辻氏は明確になっていない免疫の指標化の検討を、辻氏が所属する産総研、日本食品免疫学会やそれに関わる事業者、さらには経産省や農水省と相談しながら行っていくことを明言した。この検討が本格的に進めば、免疫表示の届出を目指す事業者らにとって大きな期待が膨らむと言って良い。

 

詳細はヘルスライフビジネス1月15日号をご覧ください。

主な内容
レポート

▼新版「米国民向け食事ガイドライン」発表
米国初「乳児に対してビタミンD健食補給の必要性」

特別インタビュー

▼「SDGsの17目標は17個のビジネスチャンス」
慶応義塾大学大学院 教授 蟹江 憲史氏

▼「ナチュラル」「サステナブル」は米国市場で圧倒的に普及
米国大使館 農産物貿易事務所 青木 純夫氏

▼「人口減少社会を背景に、食品の中での健食の位置づけを高めていく必要がある」
日本総合研究所 シニアマネージャー 関 健太郎氏

ニュース

▼機能性表示、生鮮食品の真鯛が初の受理
▼第1Q売上高20%増の46億円/AFC-HD
▼シームレスカプセルがハラル認証取得/森下仁丹
▼ポストバイオティクス食品を発売/Noster
ほか

新春トピック

▼2021年の機能性表示食品市場を展望する

解説

▼ヘルシースナッキング需要高まる
▼「アテンションシール」健康商材で需要高まる

トップインタビュー

▼2021年トップが語る企業戦略(2)
・バレンタイン 代表取締役 鈴木雅子氏
・三生医薬 代表取締役社長兼会長 石川
・創健社 代表取締役社長 中村靖氏

特集

▼米由来の機能性素材 進化する「伝統食材」の機能性
▼ウィズコロナ対応 「今年も体の不調続く」6割が回答
▼オリーブ由来(葉・果実) ダイエット、関節、肝機能、強壮など用途拡大
▼2021年各社のイチオシ!期待素材②

規制

▼健康食品に関する健増法及び景表法上の留意事項
▼健康食品の広告・販売規制事例の分析と研究(270)

その他

▼対談
「医師監修赤ミミズサプリは個々の使用例で実証した価値ある製品」
市川フォレストクリニック松野医師×シン・木野本代表

▼常識を疑ってみる!(10)
「コロナ感染も、未病も、自分で守る方法を提案し続ける」
神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア推進統括官・進藤和澄氏

▼企業経営Q&A ~税務・法律・コンプライアンスを知る~
第65章 税理士 桑畑淳子
「令和3年度税制改正大綱 ポストコロナ時代に対応」

▼ニューマーケット創造に挑む(36)
店頭で野菜不足解消と食べ方を提案し来店客の健康づくりをサポート

▼私の故宮忘れ得べき・・1984年(163)
研究所の所長から意外な話を聞いた

ほか

一覧に戻る

購読・購入・お問い合わせ

年間購読の方

内容欄に、ご購読開始日をご記入ください。(例:〇年〇月1日号から1年間購読)
※ヘルスライフビジネスは1日号からのご注文のみとなりますのでご了承ください。
なお年間購読は昨年のバックナンバーよりご注文をすることはできません。
過去のバックナンバーをご希望の方は一部売り申込みにてご注文ください。

一部のみ購入される方

内容欄にご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月○日号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行
毎月2回(1・15日)
発行部数
非公開
体裁
単色(一部カラーページ)
版型
PDF版、紙媒体(タブロイド判)
※電子版の新規購読受付は終了いたしました。今後はPDF版をご利用ください。
年間購読料(税込)
PDF版:33,000円、紙媒体:36,300円
読者層
健康食品メーカー、一般食品メーカー、大衆薬メーカー、各種受託加工メーカー、化粧品メーカー、スポーツ・フィットネス施設、エステティック施設、ドラッグストア、調剤薬局、一般薬局・薬店、薬系卸、百貨店、貿易会社、商社、通信販売企業、無店舗販売業者、健康食品専門店、官公庁、大学図書館、各種報道機関 他