健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

MEDIA
ヘルスライフビジネス

2020年10月1日号

ビタミンD欠乏でコロナ重症化

新型コロナウイルス(COVID‐19)のワクチン・治療薬の研究開発が世界各国で進められる中、食品関連の成分であるビタミンDへの注目が高まっている。米国をはじめ海外では、ビタミンDが感染症予防や免疫維持に欠かせない成分として広く知られており、ビタミンDと新型コロナに関する研究も少なくない。最近の臨床研究では、「ビタミンDの欠乏によって新型コロナ入院患者の重症度が高まる」「カルシフェジオール(25‐ヒドロキシビタミンD)が新型コロナの重症度を減らす」などが報告されている。日本は欧米と比べ、ビミタンDの認知が低いが、免疫商材への需要が高まる日本市場でこうしたエビデンスベースでの提案が広がれば、ビタミンD定着につながるはずだ。

詳細はヘルスライフビジネス10月1日号をご覧ください。

主な内容
ニュース

▼気象庁HPで掲載中止した違法広告は「健康商材」
 「効果に対して価格が適正か」庁内で指摘の声

▼シトルリン、レスベラトロールなど初の受理
 機能性表示食品3233件に/消費者庁

▼エクオール裁判で勝訴/ダイセル
 大塚製薬の特許侵害差止請求を棄却

▼米GNC、812億円で中国企業に売却決定

ほか

解説

▼「地域密着」で存在感示すドラッグストア市場

規制

▼健康食品等の広告・販売 規制事例の分析と研究(263)
 ネット上の健食広告規制基準と摘発・処分事例について

▼摘発・行政措置情報(20年8月後半~9月前半)

特集

▼マカ 滋養強壮の定番素材、コロナ禍でも底堅い需要
▼コラーゲン 末端市場は600億円、国内市場は安定的
▼キノコ素材 コロナ禍で免疫素材として注目高まる
▼グリーンフーズ  インバウンド大打撃も反転攻勢へ▼藻類 免疫、フレイル対策など機能性にも注目

企業特別インタビュー

▼「コロナ禍で生じた〝不〟を解決したい」
ファンケル・健康食品マーケティング部・河内達也部長

その他

▼常識を疑ってみる!第4回
「気功に治療効果はあるのかという問い」
帯津三敬病院名誉院長、著述家帯津良一氏に聞く

▼第7回日本時間栄養学会学術大会 報告
早大・田原氏「低糖質ダイエットは夕食がよい」

▼私の故旧忘れ得べき・・1984年(156)
 あなた、女難の相が表れている

▼ニューマーケット創造に挑む(32)
 市場拡大が見込まれる生鮮食品の機能性表示食品

ほか

一覧に戻る

購読・購入・お問い合わせ

年間購読の方

内容欄に、ご購読開始日をご記入ください。(例:〇年〇月1日号から1年間購読)
※ヘルスライフビジネスは1日号からのご注文のみとなりますのでご了承ください。
なお年間購読は昨年のバックナンバーよりご注文をすることはできません。
過去のバックナンバーをご希望の方は一部売り申込みにてご注文ください。

一部のみ購入される方

内容欄にご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月○日号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行
毎月2回(1・15日)
発行部数
非公開
体裁
単色(一部カラーページ)
版型
タブロイド版
購読料
年間33,000円(税別)
読者層
健康食品メーカー、一般食品メーカー、大衆薬メーカー、各種受託加工メーカー、化粧品メーカー、スポーツ・フィットネス施設、エステティック施設、ドラッグストア、調剤薬局、一般薬局・薬店、薬系卸、百貨店、貿易会社、商社、通信販売企業、無店舗販売業者、健康食品専門店、官公庁、大学図書館、各種報道機関 他