健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

SDGsに配慮した紙素材のチューブ型パウチを開発/凸版印刷

凸版印刷株式会社(東京都千代田区)は、消費者の利便性向上と、省資源化による環境配慮を両立し、チューブの使いやすさとパウチの絞り出しやすさを両立させた新機能パッケージ「チューブなパウチ」を開発、2020年4月より販売を開始している。

 

このたび、「チューブなパウチ」の胴部に紙素材を使用した「チューブな紙パウチ」を開発した。本製品は食品・トイレタリー・医薬分野にむけて、2020年度中に本格的な販売を開始するとしている。

「チューブなパウチ」では、従来のラミネートチューブよりも胴体フィルムの厚みを薄くすることにより、ラミネートチューブと比較して、内容物の絞り易さに加え、プラスチック使用量30%削減を実現している。今回の「チューブな紙パウチ」は、「チューブなパウチ」が持つ機能を維持しながら、胴部に紙素材を使用、プラスチック使用量をさらに削減し、より環境にやさしいチューブを実現した。

「チューブなパウチ」イメージ

 

SDGs(持続可能な開発目標)など、世界規模で環境配慮や省資源化推進の機運が高まり、また世界的な社会課題となっている「廃棄プラスチックによる海洋汚染問題」を受け、環境負荷を低減するパッケージにも注目が集まっている。

同社はこれらの課題に対し、再生プラスチックを用いた包装材、単一素材でリサイクル可能な包装材、紙やバイオマスプラスチックなど再生可能な植物由来材料を用いた包装材などの「環境対応包材」の開発を推進していくとしている。

 

「チューブな紙パウチ」の特長

・プラスチック使用量を50%削減し、更なる省資源化を実現

胴部に紙素材を使用することにより、歯磨粉などに使用されているラミネートチューブと比較して、プラスチック使用量を50%削減し、更なる省資源化を実現した。また、従来同等の使いやすさを残したまま、環境適正にも配慮している。

さらに、ヘッド部のプラパーツの見直しにより、プラスチック使用量を65%まで削減することが可能。プラスチック使用量が減っても、紙のコシを活用することで、内容物が減っても、しっかりとした形状が保持できる。

 

・ 中身を絞りやすい/絞りきれる

従来のラミネートチューブの胴体厚みが0.3mm前後であるのに対し、本商品は0.1mmに設定。また胴体を封筒状に折り畳む加工を施すことで、胴体を握った時の弾力が軽減。従来のラミネートチューブより中身が容易に絞りやすくなっている。さらに注出口のプラスチックパーツを水平に設計することで、従来のラミネートチューブと比較して内容物を最後まで絞りやすくしている。

・ 透明で高いバリア性能を持つ「GL BARRIER」を使用

胴部の内側に凸版印刷が開発した世界最高水準のバリア性能を持つ透明バリアフィルム「GL BARRIER」を使用し、容器全体のフルバリア化を達成。紙素材仕様ながら、バリア性を要求される食品・化粧品でも安心して使用できる。

 

凸版印刷は、本製品の開発を進め、2019年10月から本格的に販売を開始。2020年度に食品・トイレタリー・医薬分野にむけて、関連受注を含めて10億円の売上げを目指していく。

 

一覧に戻る