健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

NMNで免疫力を強化し感染症を予防・治療する研究を開始/新興和製薬

新興和製薬株式会社(東京都中央区)は、COVID-19(新型コロナウイルス)感染症をはじめとする感染症対策の一つとして、NMNが免疫力を強化する効果を科学的に実証し、感染症予防・治療に役立てることを目的とした研究を開始することを発表した。

同社の「ライフサイエンス・ラボ」では、ヒトの細胞を実験室で培養する際、培養液にNMNを適切に添加すると、細胞内の長寿遺伝子、あるいは抗老化遺伝子と呼ばれているSirtuin 1などの発現量がタンパク質レベルで増加し、また、細胞内の栄養素を効率よくエネルギーに変換するミトコンドリアの数が増加することを確認。NMNが免疫系の細胞(リンパ球系のT細胞など)に作用した場合に、個体の免疫力強化をもたらす可能性が強く示唆された。

 

今回、NMNが感染症の予防・治療にどう活用できるかを探るため感染症防御の免疫システムの要となるCD4陽性ヘルパーT細胞(CD4+  helper T cell)および、CD8陽性キラーT細胞(CD8+  killer T cell)の機能がNMNによって適切に調節されることの確認実験に着手。

T細胞が機能する血流内、毛細血管内、浸潤組織内といった体内の様々な部分を模倣した環境下で、細胞を培養することのできる特殊設備を導入し、T細胞が特定の体内環境下でNMNに対してどのように応答するかを、その分子メカニズムも含めて解析していく。

また、(特非)システム・バイオロジー研究機構の協力を仰ぎ、肺疾患を中心として、アレルギー、炎症、サイトカインストーム(免疫システ ムの暴走によるショック様の重篤な状態)に対する、抑制効果、予防効果の検証も進めている。

このほか、医療研究機関と共同で、ヒト(被験者)の血中CD8陽性キラーT細胞数などの免疫力に関する各種パラメーター、ヒト(被験者)の腸内細菌叢に存在する細菌の種類と量の種(species)レベルでの特定など、腸内環境に関する各種パラメーターがNMNの摂取によって向上することを確認する新たな臨床試験をパイロットスタディーとして実施することも決定。

 

同社はこれまでNMNを配合したニュートラシューティカルの摂取が、緩やかで継続的な身体機能の低下による、病気とは診断されないが健康とも言えない状況、すなわち「未病」に対抗し、健康長寿に貢献する生体内メカニズムの解析を一貫して実施してきた。

今回の研究から得られた結果は開示し、各種研究機関などにご活用いただくことを目指していくという。

一覧に戻る