健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

DHCから更年期障害などに効く2つの漢方薬が新登場

ディーエイチシーは、DHC漢方シリーズより「DHC 漢方 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)エキス錠」・「DHC 漢方 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)エキス錠」(共に第2類医薬品)を新発売した。

「DHC 漢方 桂枝茯苓丸エキス錠」は、のぼせ、足冷えがある方の月経異常、シミに、「DHC 漢方 当帰芍薬散エキス錠」は主に冷え症で貧血気味の方の月経痛、めまいといった、女性に多い月経不順や更年期障害に効果を示す。

DHCは、2018年にDHC漢方シリーズとして漢方薬を発売。「錠剤タイプで粉薬が苦手でも飲みやすい」「症状や体質に合うよう色分けされたパッケージ」「高品質・低価格で始めやすい」といった特長を備え、ラインアップの拡充を図っている。

 

一覧に戻る