健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

400年の歴史を持つ「GRF」化粧品原料としても供給増

MARUEIグループ(東京都千代田区)はゴールデンローズフルーツ(GRF/中国名・刺梨)の原料供給を行っている。

ゴールデンローズフルーツは中国では400年前から滋養強壮用としての食経験があり、さらに2004年中国衛生省にて刺梨を国家新資源に認可した歴史がある。同社では中国の貴州で栽培から搾汁・濃縮・充填までを一貫して行い、ビタミンC含有量7%以上で規格化した果汁粉末を取り揃えている。

ビタミンが豊富で、特にビタミンCは2600㎎/100gとアセロラの3・5倍の含有量を持つ。また、ビタミンCの十分な吸収を補助する働きがあるビタミンPも6000mg/100gと豊富な含有量であることもこの素材の特徴の一つである。

果実のSOD(活性酸素除去酵素)値は1グラムあたり5400と優れた抗酸化性能を持ち、食品原料だけでなく化粧品の原料としても供給量を伸ばしている。

一覧に戻る