健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

除菌・消毒用アルコールの供給に注力/コスメテックスローランド

コスメテックスローランド (東京都港区)は、スキンケア化粧品、ヘアケア用品、ボディケア用品、メイクアップ化粧品、メンズ化粧品、医薬部外品など高級からトイレタリーに至るまであらゆる剤型・コンセプトでの化粧品OEMを行っている。

同社のOEM部門を担うクー・サイエンスビューティー (東京都中央区)は、長年の製造実績に裏打ちされた確かな品質・安全性と商品企画から納品までスピーディかつきめ細やかに対応できる営業体制が大きな強み。

製造はISO22716(化粧品GMP)および9001取得の同社・成田工場で厳格な品質管理のもと一貫した製造体制を確立している。

ドラッグストアなど店販ルートを中心に自社製品も広く展開していることから、市場のトレンドを敏感に察知し、消費者のニーズにマッチした製品設計・処方提案を得意としており、昨今のコロナ禍においてもOEMの引き合いは堅調だという。

特に、同社が注力しているのがアルコール関連製品だ。同社では、①検査機関との協力でエビデンスを持つ「高濃度アルコール指定医薬部外品」(アルコール度数77%)、②食品の消毒に利用できる「食品添加物アルコール製剤」(同77%)、③塩化ベンザルコニウムを有効成分とし、手指荒れが少ない「低濃度アルコール指定医薬部外品」(同58%)、④弱酸性のためノロウイルスなどノンエンペローブウイルスにも有効な高濃度アルコール指定医薬部外品「Z1」などをラインアップ。

ジェルや粘度のないローションタイプなどさまざまな剤型に対応し、容器は持ち運びに便利な小さなタイプから業務用や詰め替えにも便利な5ℓまで取りそろえる。通常は長納期となるシャワーポンプやミストトリガーも自社保管することで迅速な対応に努めている。

また、ウイルス感染予防の特許を取得している独自素材・ニガヨモギ抽出物(食品添加物)、エキス、油を配合した防腐剤フリー処方提案にも注力している。

一覧に戻る