健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

自社初D2Cブランド「CUMEC」を立ち上げ、ポストバイオティクスサプリ「HYA-50」を発売/Noster

ポストバイオティクス®の創薬開発を手掛けるNoster(京都府向日市)は、自社通販ブランド「CUMEC(キュメック)」を立ち上げ、今月18日より独自成分である乳酸菌代謝物「HYA®」を独自技術で製品化したサプリメント「HYA-50」を発売する。

 

 

同社は、10年以上にわたって研究開発を進め、またNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の助成を受け、研究を加速させたことにより、リノール酸に乳酸菌を加え反応させることで生成する希少脂肪酸「HYA」の開発に成功した。

 

リノール酸の乳酸菌代謝物である「HYA」は、GLP-1とともに代謝バランスにアプローチし、糖や脂肪に関わる成分。食後の血糖値の上昇抑制作用や腸管バリア保護作用、GLP-1の分泌促進による抗肥満作用などさまざまな機能性が確認されている。

化学合成品ではなく自然由来のオイルと乳酸菌で作られる「グリーンバイオプロダクト」であることも特徴だ。

 

乳酸菌やビフィズス菌、酪酸菌、納豆菌などの独自の菌末原料の供給を行っている同社では、D2C事業は初めての事となる。

 

今回立ち上げた自社ブランド「CUMEC」は、最先端の腸内細菌研究(マイクロバイオーム)を身体のケアに役立てるといったブランドコンセプトを掲げており、今回発売する「HYA-50」は、健康意識の高い人やボディメンテナンスに気を使っている人にぜひ体感してもらいたい製品となっている。内容量は180粒(目安量:1回3粒)、価格は1万8500円(税別)。「CUMEC」のオンラインサイトのみでの販売となる。

 

同社は、日東薬品工業HDにより昨年5月に設立。日東薬品工業HDグループで長年培ってきた有用微生物(プロバイオティクス)の培養技術に基づいて、腸内細菌とポストバイオティクスの機能を解明する研究と、腸内菌叢をターゲットにしたグローバルな治療基盤の確立を目的として取り組んでいる。

同社では、今後も臨床試験にて更なるエビデンスの強化に努めていく方針だ。


■CUMECブランドサイト

https://www.cumec.site/

■Noster株式会社

https://www.noster.inc/jp/

 

一覧に戻る