健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

臨床医師800名に新型コロナに関する大規模調査を実施/eヘルスケア

病院検索サイト「病院なび」を運営するeヘルスケア(東京都千代田区)は、自社の協力医師会員に対して「新型コロナウイルス(新型肺炎)についての緊急アンケート」を実施した。

アンケートは、同社サービスに協力する医師とのコミュニケーションサービス“Doctors Square”登録会員医師(7025名)に対して実施され、817名の有効回答を得た。

 

■主な調査内容

・新型コロナウイルス感染症流行中の来院患者数の変化、患者からの問い合わせ状況

・感染の疑いのある患者の診察件数

・新型コロナウイルス感染症の検査状況

・医療機関にかかる際の注意点

・院内感染防止の取組み、必要な備品・資材の不足、スタッフの充足状況

・国の拡大防止策について など

 

■調査結果

・感染疑いのある患者を診察した医師は、医療機関種別に関わらず3割弱

・検査実施は、2月末までの26%から3月以降38%に増加

・院内感染対策が「出来ている」診療所・小規模病院は25%、必要な資材は70%が不足

・政府や行政に行ってほしい対策は、「医療物資の補てん」がトップ。「科学的な知見に基づく施策」も約6割、「簡単・安全に検査が出来る仕組み」を約半数が要望

 

※調査結果の詳細は( http://www.shins.com/eHC/Covid-19SurveyReport.pdf )にて公開している

 

一覧に戻る