健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

腸活素材に白キクラゲ素材など提案/日本薬品

日本薬品(東京都中央区)は腸活素材として「白キクラゲ多糖体」、「アガベイヌリン」、「「新64野草発酵植物エキス」」を供給する。

 

大学と共同で機能性研究を進める「白キクラゲ多糖体」は300万以上の高分子で、マンノース、キシロース、グルコース、フコースといった植物や動物、海藻が持つ糖を1つに含むユニークな構造をしている。便秘患者に白キクラゲ多糖体溶液を与えたヒト試験では、0・2%配合群で80%以上、0・5%配合群では100%の改善効果が明らかになっている。また、白キクラゲ多糖体には乳酸桿菌およびビフィズス菌を増殖させる作用も確認されている。原料の白キクラゲは高級料理に活用されるなど豊富な食経験を持っており、そのイメージの良さだけでなく、女性向け研究データも豊富なことから引き合いを伸ばしている。

 

「アガベイヌリン」は多肉植物のアガベの葉を取り除いた茎部分“ピーニャ”から得られるイヌリン原料である。ピーニャの樹液はテキーラや、アグアミエル(ジュース)としてメキシコでは古くから飲用され親しまれてきた。「アガベイヌリン」は水溶性植物繊維でカロリーが低く、カルシウム吸収促進、ビフィズス菌増殖促進も持つ。多糖類のため水分を保持する性質があり便通改善効果も期待される。サプリメントだけでなく粉末やドリンク、ゼリーなどさまざまな製品に対応可能だ。

 

「新64野草発酵植物エキス」は野草64種類と、野菜や果物、穀物など合わせて90種類の原料を特製の陶製かめで発酵させたもの。陶製かめの遠赤外線による自然攪拌作用で熟成が進み、まろやかでコクのある味わいになっている。新64野草発酵植物エキスはドリンクやエキス向けだが、その他剤形向けの新野草発酵エキスパウダーも供給している。海外輸出への実績も多数持ち、海外案件の要望も受け付けている。

 

【お問い合わせ】

日本薬品

℡03・3639・5211

一覧に戻る