健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

腸内環境整えるプロテインを開発/AuB

サッカー元日本代表の鈴木啓太氏が代表取締役を務めるAuB(オーブ)(東京都中央区)は10月27日、筋肉と腸と栄養の関係に着目した腸内環境を整えるプロテイン「AuB MAKE(オーブ メイク)」【写真】の新商品発表会をオンラインで開催した。

鈴木社長は商品開発のコンセプトについて、「効果的効率的な体づくりを実現するため、『筋肉と腸内環境』『筋肉と栄養』の関係に着目」したことを紹介。また、「これまでタンパク質だけ摂っていればいいと考えていたユーザーにスイッチしてもらいたい」などと語った。

同品は、ホエイとソイの2種類のタンパク質に加え、アスリートの腸に多く存在する酪酸菌などヒトに有効な腸内細菌29種「アスリート菌ミックス」を配合。また、腸内細菌のエサとなる食物繊維や11種類のビタミン、さらにカルシウム、マグネシウムなど1日に必要な栄養素をバランスよく摂取することができ、さわやかなリンゴ風味が特徴のグリーンアップルスムージー味に仕上げられている。

販売は2021年1月初旬から自社ECサイトで行い、価格は税込7549円(送料別)を予定。年間1万個の販売を目指す。

一覧に戻る