健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

美容・健康食品事業を拡大、コラーゲン原料供給などBtoB事業や海外展開も視野に/アース製薬

アース製薬(東京都千代田区)は、5月28日、海外展開も視野に美容・健康食品事業を拡大することを発表した。

その第一弾として、全国でとらふぐ料理専門店を展開する関門海(大阪市西区)と販売包括契約を締結。6月1日にとらふぐから抽出したコラーゲンを使った「とらふぐコラーゲン美容ジュレ」を全国ドラッグストアで限定発売する。

アース製薬は2008年に美容・健康食品事業をスタート。プラセンタやコラーゲンを中心に研究開発に取り組んできた。

近年、コラーゲンの需要は国内のみならず中国をはじめとするアジア圏、北米でも急激に伸びていることから、その後もコラーゲンの研究を続け、この度「とらふぐコラーゲン」に着目するに至ったという。

 

「とらふぐコラーゲン」は、「海洋性フィッシュコラーゲン」であるため体への吸収量が高いうえにコラーゲン特有のにおいが少ない。

とらふぐは近年資源量が減少しており、その希少価値は高く、美容・健康食品の分野ではコラーゲンの原料としてほぼ利用されていなかった。

そこで同社は、安定した供給量と品質を確保するために、とらふぐの養殖ノウハウを持つ関門海とパートナーシップを組み、「とらふぐコラーゲン美容ジュレ」の商品化に成功。新ブランド「FUGUCOLLA(フグコラ)」を立ち上げた。

 

同社は、本商品を皮切りに「フグコラ」ブランドでさまざまな商品展開を行っていく方針だ。原料の「とらふぐコラーゲン」の販売など、BtoB事業も展開していくことで美容・健康食品事業の拡大を目指す。ベトナム・中国・香港・台湾・タイなどアジア圏と、ロシア・北米などへの海外展開も目指していくという。

 

<フグコラブランドサイト>

URL:https://www.earthbeauty.jp/fugu-collagen/jelly

 

一覧に戻る