健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

米アマゾン、健食新ガイドラインは米国のみ実施へ

アマゾン・ドットコム(米国・シアトル)が、「アマゾン」におけるサプリメント出品者への新たなガイドラインを本年5月に更新する。当ニュースに関しては前号において第一報を報じたが、品質に関する厳格なルールを設けることで、米国ではメディアや産業界を巻き込んで波紋を呼んでいる。

そこで注目されるのは今回のアマゾンによる健食取扱いガイドライン更新について、日本国内ではどう対応するかということである。

 

■「日本では未定」

日本法人のアマゾンジャパン(東京都目黒区)によると「今回のサプリメントにおけるガイドラインの更新は、現在米国のみで実施しております。日本での更新は未定ですが、アマゾンでは、常にお客様を第一に考えており、今後もお客様に安心してお買い物をお楽しみいただけるよう、サービスの向上に努めてまいります」と本紙の取材に答えた。

米国ではアマゾンは健食の出品者に対して製品に関する各種証明書を提出しなければいけないことになる。

具体的には……続きは弊紙「ヘルスライフビジネス」3/15号をご覧ください。

一覧に戻る