健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

目前に迫った令和2年4月1日の改正健康増進法の全面施行最新の禁煙意識と受動喫煙に関する調査結果を発表 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社コンシューマーカンパニーは改正健康増進法が完全施行される4月1日を前に、最新の禁煙と受動喫煙に関する意識調査を喫煙者/非喫煙者/禁煙実行者の3者を対象に実施した。

※調査地域:全国、調査方法: インターネットリサーチ

<喫煙者>

・健康増進法改正など喫煙環境の変化に「肩身が狭い」と感じている割合は72.2%に及ぶ。

・今回の改正法を「禁煙」や「禁煙のひとつのきっかけに」と考えている割合は61.0%と過半数を超える。

<非喫煙者>

・周りの身近な喫煙者が「喫煙にともなう弊害(頻繁なタバコ休憩ゃ受動喫煙)で周囲に困った経験を与えていることに気付いている」と感じる割合は32.0%

・非喫煙者における「喫煙にともなう弊害(頻繁なタバコ休憩ゃ受動喫煙)で困っていることを伝えた経験がある」割合は36.0%

<禁煙実行者>

・周りの身近な喫煙者が「喫煙にともなう弊害(頻繁なタバコ休憩ゃ受動喫煙)で周囲に困った経験を与えていることに気付いている」と感じている割合は46.3%

・禁煙実行者における「喫煙にともなう弊害(頻繁なタバコ休憩ゃ受動喫煙)で周囲に困っていることを伝えた経験がある」の割合は45.0%

一覧に戻る