健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

水素水が持久運動のエネルギー消費量を有意に低減/日本トリム

立命館大学および日本トリム(大阪市北区)は、暑熱環境下での持久性運動時の水素を含む水(電解水素水)飲用によるエネルギー消費省力化に関する論文を投稿。2020年4月17日(現地時間)、英Taylor & Francis Groupが発行する生物と熱に関する生理学専門誌「Temperature」に掲載されたことを発表した。

 

本研究ではトライアスロン選手12名を対象とし、暑熱環境下(室温32℃、相対湿度50%)で最大酸素摂取量の65%相当の負荷で10分毎に水分補給を行いながら60分間のペダリング運動を実施。その後、毎分20Wずつの漸増負荷式の運動を行い、疲労困憊に至るまでの時間を評価した。

60分間のペダリング運動中の水分補給には、電解水素水を使用、また別日には浄水を使用し、血液指標、エネルギー代謝、組織温等の変化を比較検討した。

研究の結果、体重はいずれの水においても運動後に有意に減少したが(p<0.01)、減少率に両者間で有意差はみられず、血漿量、血液pH、重炭酸イオン濃度の変化、漸増負荷式の運動の継続時間等にも両者間で有意差はみられなかったが、運動中のエネルギー消費量は、電解水素水摂取時が浄水摂取時に比較して有意に低値を示した。このエネルギー消費量の有意差は、マラソン日本女子歴代1位の記録である2時間19分12秒に換算すると69.6kcalとなり小さめのバナナ1本分に相当すると考察した。

 

一覧に戻る