健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

機能性表示「ヤクルト1000」、販売地区拡大へ

 ヤクルト本社(東京都港区)は、機能性表示食品の乳酸菌飲料「ヤクルト1000」について、昨年9月から先行発売している1都6県に加え、今年8月31日より北海道・東北地区全域および長野県、山梨県、静岡県、新潟県に販売エリアを拡大することを発表した。

 「ヤクルト1000」は、機能性関与成分の乳酸菌シロタ株を同社の乳製品では史上最高菌数・密度となる1本当たり1000億個配合。届出表示は「一時的な精神的ストレスがかかる状況でのストレスをやわらげ、また、睡眠の質(眠りの深さ、すっきりとした目覚め)を高める機能があります。さらに、腸内環境を改善する機能があることが報告されています。

 なお、販売エリアを拡大する今年9月から来年3月までの販売目標は1日当たり48万本と設定している。

一覧に戻る