健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

景表法による措置命令・課徴金を3件公表/消費者庁

消費者庁は17日、景品表示法に基づく措置命令および課徴金納付命令2件を公表した。

あすなろわかさ(福岡市中央区)に対し、同社が供給する「黒椿」と称する食品の係る表示について、白髪が黒髪になる効果が得られるかのように示していたとして、消費者庁および公正取引委員会の調査結果を踏まえ、景表法に違反する行為(同法第5条第1号「優良誤認」に該当)が認められたことから措置命令を行った。

一方、「生酵素」と称する食品を販売するジプソフィラ(東京都新宿区)には、容易に痩身効果が得られるかのような表示を行ったとして、今年10月19日までに868万円の課徴金支払いが命じられた。課徴金対象期間は、平成30年3月21日から平成31年2月9日までとなっている。

また、「酵水素328選生サプリメント」と称する食品を販売するジェイフロンティア(東京都渋谷区)にも、容易に痩身効果が得られるかのような表示を行ったとして、今年10月19日までに2億4988万円の課徴金支払いが命じられた。課徴金対象期間は、平成28年11月24日から平成30年9月15日までとなっている

一覧に戻る