健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

景表法による措置命令・課徴金を2件公表/消費者庁

消費者庁は6日、景品表示法に基づく措置命令および課徴金納付命令2件を公表した。

「ドクター・フトレマックス」と称するサプリメントについて、体重増加効果を得られるかのような表示を行い昨年6月に措置命令を受けていたふるさと和漢堂(福岡市中央区)に対しては、今年10月7日までに課徴金1305万円の支払いが命じられた。課徴金の対象となる期間は平成30年8月27日から令和元年9月14日までとなっている。

一方、「ファイラマッスルサプリHMB」と称するサプリメントを販売するエムアンドエム(東京都港区)に対しては、同製品を摂取することで効率よく筋肉増強効果および痩身効果が得られるかのような表示を自社サイトで行い、景表法の定める有利誤認に該当するとして措置命令を行った。

一覧に戻る