健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

明治、オーストアジア社株式取得 中国国内で成長基盤の確立目指す

明治(東京都中央区)は4月16日、中国における牛乳・ヨーグルト事業の成長基盤の確立を目的として、中国内で牧場を運営するオーストアジア社の株式を取得することについて、株主のジャプファ社と合意、株式譲渡契約を締結したことを発表した。

明治では長期計画の重要方針として「海外市場での成長基盤の確立」を掲げており、2020年度を最終年度とする中期経営計画では中国を海外市場の注力地域と位置付けている。

同社は中国で牛乳・ヨーグルト事業をはじめ3事業を展開し生産体制を増強しているが、さらに持続的な成長基盤の確立を目指すため今回の株式取得に至った。

オーストアジア社は明治の中国事業における主要な生乳調達先で、中国内で7つの牧場を運営する大手生乳会社。

一覧に戻る