健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

日本初の”脂肪・糖・塩分の便への排出を増やす粉末飲料”発売/ 日清食品

脂肪や糖だけでなく、塩分まで排出する、唯一の機能性表示食品「トリプルバリア」シリーズ

日清食品 は、機能性表示食品「トリプルバリア 青りんご味5本入」を日清食品グループ オンラインストアおよび一部コンビニエンスストアで11月9日(月)より新発売する。

また同日「トリプルバリア 青りんご味30本入」「トリプルバリア プレーン5本入」「トリプルバリア プレーン30本入」を日清食品グループ オンラインストア限定で販売開始する。

“サイリウム種皮由来の食物繊維”が便での排出を促す

「トリプルバリア」シリーズは、機能性関与成分として“サイリウム種皮由来の食物繊維”を1本あたり3.6g配合した粉末飲料。コップなどに本品1本と180mlの水などを入れて手早くかき混ぜ、食事の前に飲用する。

“サイリウム種皮由来の食物繊維”を水分とともに摂取することで、サイリウムが消化管内で粘性のあるゲルを形成し、食事から摂取した脂肪、糖、塩分の便への排出を増やす。

さらに、食後の中性脂肪、血糖値の上昇を抑え、高めの血圧を下げる機能も備える。また、お通じの回数や量を増やす便通改善機能も報告されている。
フレーバーは、水に混ぜて飲めるさわやかな青りんご味と、お茶やジュースなどに混ぜて飲めるプレーンの2種類をラインアップする。
※水を混ぜてから時間が経つと、ゼリー状に固まるため、その場合は、スプーンですくって食べることができる。


日清食品20年の基礎研究が結実

同社は、便通改善に優れた天然食物繊維「インドオオバコ (サイリウム) 種皮」に着目した基礎研究や商品開発を、20年以上にわたって続けている。
今回、日清食品グループの研究拠点「the WAVE」のグローバルイノベーション研究センターは、「インドオオバコ (サイリウム) 種皮」の食物繊維を食事の前に摂取することで、食事に含まれる脂肪、糖、塩分の便への排出を増やすとともに、食後の中性脂肪や血糖値の上昇を抑え、高めの血圧を下げる機能があることをヒト試験で実証した。
そこで、新たに実証した“サイリウム種皮由来の食物繊維”の機能を有する機能性表示食品「トリプルバリア」シリーズの発売に至った。「トリプルバリア」シリーズは、『食事に含まれる脂肪・糖・塩分の便への排出増加』を作用メカニズムとする日本初の機能性表示食品。普段の食生活で中性脂肪、血糖値、血圧が気になる、また、おなかの調子を整えたい人の健康をサポートする。


プロモーションにバナナマン日村を起用

世代を問わず人気が高く、食べることが大好きなタレント「バナナマン」の日村 氏をを起用し、『おいしいものは食べたいけれど、年齢とともに健康が気になり始めた方』に向けて、「トリプルバリア」が持つ機能や価値を分かりやすくお伝える。11月初旬からテレビCMの放映とWeb広告の出稿を開始する予定。

一覧に戻る