健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

炭プラスラボ(横浜市港南区)は、女性ホルモン様成分として注目されているエクオールを含有した乳酸菌「エクオール乳酸菌」を供給している。

同社では、昨年上市した独自の乳酸菌素材「還元発酵乳酸菌」をベースに、ダイゼインを含む大豆胚芽を配合。ダイゼインに水素を用いた独自加工を施すことでエクオールを産生させることに成功しており、その製法に関しては2件の特許を出願した (特願:2019‐195717および2019‐239389)。

エクオールは骨粗しょう症や更年期障害、美肌などにへの効果が報告されているほか、男性の前立腺肥大やAGA(男性型脱毛症)への有効性も期待される。

また、ベースとなっている「還元発酵乳酸菌」については、口腔内や腸内の悪玉菌、豚コロナウイルスに対する抗菌作用、抗糖化(前期AGEs生成抑制、AGEs中間反応体の架橋切断、後期AGEsの生成抑制)やαグルコシダーゼ阻害活性、チロシナーゼ阻害活性、ヒアルロン酸の分解酵素抑制、食物油の分解酵素の抑制など、多くの機能性を確認している。

一覧に戻る