健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

新型コロナに伴う原材料不足で原産地表示の弾力的運用を通知/消費者庁

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う中国産輸入食品原材料の供給不足を受け、消費者庁は3日、食品表示基準で定める原料原産地表示制度について弾力的な運用を行う旨を農水省との連名で関係機関に通知した。

これによると、原料原産地を中国産と表示している製品で実際に使用している原材料が中国産以外の場合でも、一般消費者に対して「店舗等内の告知、社告、ウェブサイトの掲示等により当該商品の適正な原料原産地に係る適時適切な情報伝達がなされている」場合に限り、当分の間は取締りの対象とならない。

一方、「今回の運用は、食品の生産及び流通の円滑化を図るために講じるものであり、消費者を欺瞞(ぎまん)するような悪質な違反に対しては、これまでどおり厳正な取締りを行う」としている。

一覧に戻る