健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

改正健康増進法、本日4月1日より施行

望まない受動喫煙の防止を図るため、本日4月1日より健康増進法の一部を改正する法律が全面施行された。本法律により、事業者だけではなく国民においても、望まない受動喫煙を防止するための取り組みは、マナーからルールへと変わる。

 

これを受け、多くの人が利用する全ての施設において原則屋内禁煙。所定の要件に適合すれば、各種喫煙室(専用室、可能室、加熱式たばこ専用室、目的室)の設置ができる。喫煙可能な設備を持った施設には、必ず指定された標識の掲示が義務付けられている。

 

既存の経営規模の小さな飲食店については、事業継続に影響を与えることが考えられることから、これに配慮し、経過措置として、こうした飲食店を〝既存特定飲食提供施設〟とし、喫煙可能室の設置を可能としている。喫煙可能室では、喫煙に加え、飲食を始めとするサービス等を提供することも可能。また違反者には罰則が課せられる可能性も出てくる。

 

厚労省では、改正健康増進法についての特設Webサイトを設けており、詳しい内容を確認することができる。

 

-「なくそう!望まない受動喫煙」Webサイト-

https://jyudokitsuen.mhlw.go.jp/

 

一覧に戻る