健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

天然青色素「リナブルー」バー・カフェなどで採用増/DICライフテック

DICライフテック(東京都中央区、☎03-6733-5540)は、微細藻類・スピルリナ由来の天然青色素「リナブルー」を供給している。今年6月にはBtoB向け製品として液体小容量タイプの「リナブルー100g」を発売。レストラン、カフェ、バーなどの外食産業を中心に採用が増えているという。

 

「リナブルー」は、スピルリナに含まれる青色素・フィコシアニンを主成分とし、安心・安全の天然色素として世界的なシェアを獲得してきた。

「リナブルーをより手軽に使いたい」という顧客の要望から生まれた「リナブルー100g」は、酸素バリア性が高く液だれしにくい容器を採用し、使用量を1滴ずつ調整できることも特徴となっている。

 

鉄道をモチーフとしたカクテルを提供する「バー銀座パノラマ渋谷店」(panoramashibuya.com)では、12月1日より「リナブルー」を使用した京浜東北線イメージカクテル「京浜東北線ブルーソニック」【写真】の提供を開始。

同店の榎本聖之オーナーによると「青色のリキュールは甘みの強いものが多いが、『リナブルー』を使うことでスッキリした味わいに仕上げることができた。落ち着いた照明でも鮮やかに映える青色ながら、他の色素と違い、グラスを洗った際にほとんど残らないこともポイント」だという。

このほか、ジュースバーやヴィーガンカフェなど続々と採用が増えており、同社としても外食店向けの提案を一層強化していく方針だ。

 

一覧に戻る