健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

多彩な甘味料供給とODMが人気/ツルヤ化成工業

ツルヤ化成工業(山梨県韮崎市、℡0551-23-0330)は、スクラロース、アセスルファムK、アスパルテーム、ステビアなど多彩な甘味料の供給ならびに健康食品に関連するOEM・ODMを手掛けている。

 

砂糖の約600倍の甘味を有するノンカロリー合成甘味料のスクラロースは、近年特にプロテインへ製品への配合が目立つ。スクラロースを主剤とした「プレジロンシリーズ」では甘味倍率を30~600倍と広く展開しており、顧客の要望に合わせた提案が可能だ。

アセスルファムKは世界最大メーカーの国内総代理店として高品質品を供給。価格競争力での強みとともに、国内で全ロットの検査を行う安全・安心の体制を整えている。なお、スクラロースとアセスルファムKを配合し、より砂糖に近い甘味を実現した「プレジロンAP-S」や、スクラロース・アセスルファムK・ネオテームを配合した製剤「プレジロンDX」も販売している。プレジロンDXは、甘味度が砂糖の約200倍で味に厚みを与え、甘味のバランスが良い点が特長となっており、ユーザーからの評価も高い。

「取り扱う甘味料の種類の多さは業界トップです」(同社)との言葉のとおり、そのほかにもステビア由来の「ベルトロン」、カンゾウ由来「シュガーリチン」など豊富なラインアップを揃えている。

 

1949年創業と、長年にわたる実績を持つ同社だからこそできる受託製造も人気が高い。

剤型は造粒品、混合品、液体品、スプレードライ品などに対応しており、これまでの製造例では「完全栄養食タイプ製品」、「ロカボナッツの調味液」などがある。

顧客からの依頼に応えるOEMとともに、ノウハウを生かした積極的な企画・提案を行うODMにも注力している。パッケージ事業部もあり、セットアップまで対応が可能。近年は特にプロテインの案件が増えている状況で、味づくりから造粒、セットアップまで広く対応できる同社が注目されている。

一覧に戻る