健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

ウェザーニューズ、商品プロモに気象情報活用でニーズ喚起

ウェザーニューズが、7月2日、累計2,000万ダウンロードの天気アプリ「ウェザーニュース」で、1kmメッシュの高解像度・高精度な気象データに連動して広告を配信できる「天気連動広告」の提供を開始した。

「天気連動広告」は、ウェザーニューズが解析・予測する業界一の高解像度気象データと、アプリのユーザーの位置情報とを掛け合わせ、ユーザーの現在地の気象状況に応じた広告を、「ウェザーニュース」内で自動配信できるサービス。毎日の生活における必要情報として、定期的に気象情報を閲覧しにくるユーザーの心理によりタイムリーに働きかけることができるため、商品への興味関心や購買意欲の向上が期待できる。

 

◆業界一の高解像度気象データに連動する「天気連動広告」開始

「天気連動広告」は、累計2,000万ダウンロードを突破したアプリ「ウェザーニュース」内で、1kmメッシュの高解像度・高精度な気象データに連動した広告配信ができるサービス。ウェザーニューズが解析・予測する業界一の高解像度な気象情報に、アプリユーザーの位置情報を照らし合わせ、ユーザーの現在地の気象状況に応じた最適な広告を掲載する。

雨が予想されているエリアのユーザーへの雨の日限定のキャンペーン広告の掲載や、気温や体感に応じた冷たい飲み物と温かい飲み物の広告の出し分けなど、気象情報に基づくターゲティングが可能。消費者の意思決定に大きく関与する「天気」に連動して広告を出し分けることで、より効果的にメッセージを伝えられる。

<特長①>1kmメッシュで広告を出し分け!高精度・高解像度な天気予報で訴求効果を向上

ウェザーニューズでは、全国約13,000地点にも及ぶ日本最大の気象観測網と、ユーザーから寄せられる天気・体感報告を活用し、1kmメッシュで独自に天気を解析・予報している。メッシュを細かくすることで、ゲリラ豪雨に代表されるような局地的な気象現象の表現ができるようになるため、より正確な天気予報が可能になる。

例えば、5kmメッシュの天気予報では「晴れ」のエリアでも、1kmメッシュの天気予報では「晴れ」「曇り」「雨」のエリアが含まれていることがある(下図参照)。

ウェザーニュースの「天気連動広告」では、この細密な天気予報をもとに1kmメッシュで広告を出し分けます。ユーザーの居場所ピンポイントの天気に合わせた精度の高いターゲティングで、広告効果の向上が期待できる。

<特長②>独自の体感データで消費者心理へ効果的に訴求

天気や気温などの気象要素に加え、ウェザーニューズ独自の体感指数による広告の出し分けも可能。「体感指数」では、気象データとユーザーからの体感報告の分析から、“暑い”“寒い”“ちょうどいい”など、消費者の体感を10ランクで算出します。全国のユーザーから寄せられた体感報告と気象データの分析結果を基にしているため、北海道と沖縄での暑さや寒さの感じ方の違いなど、地域特性も反映している。消費行動に直結する「体感」に応じて広告を配信することで、より効果的な訴求が期待できる。

<特長③>累計2,000万DL突破、毎日確認する天気アプリで効果的に訴求

アプリ「ウェザーニュース」は2020年1月に累計2,000万ダウンロードを突破し、多くの方にご利用いただいている天気アプリです。ユーザー層は世代、属性ともに幅広く、毎日利用する方は全体の25%以上、1回あたりの利用時間も長いことが特長。

アプリ「ウェザーニュース」の「天気連動広告」では、毎日の生活における必要情報として、定期的に気象情報を閲覧しにくるユーザー心理によりタイムリーに働きかけることができるため、商品への興味関心や購買意欲の向上が期待できる。

 

◆天気の影響を受けやすい商品・サービスのプロモーションに効果的

<活用例①>天気に合わせた商品を訴求

飲料や食品など、天気によって売れ筋が変わる商品のプロモーションでは、気象条件にマッチした商品のクリエイティブを出すと効果的。

例えば、暑さ、寒さによって冷たい飲み物と温かい飲み物のバナーを出し分けたり、気温や湿度などの条件に合った化粧品のバナーを出し分けたりすることが可能となる。

<活用例②>天気に合わせたメッセージで訴求

同じ商品のプロモーションでも、気象条件にマッチしたメッセージで訴求することで、広告効果の向上が期待できる。

例えば、同じスポーツドリンクのプロモーションでも、熱中症の危険度に応じて、危険度の高い時には「熱中症対策」のメッセージを、危険度があまり高くない時には「運動後の水分補給」などとメッセージを変えられる。また、雨の日限定のキャンペーン等にも活用できる。

一覧に戻る