健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

卵殻膜の摂取が腸内フローラの調整と肥満を予防する効果を示唆/アルマード

アルマード(東京都中央区)と東京大学大学院農学生命 科学研究科特任教授 加藤久典による卵殻膜研究チームは、卵殻膜摂取が腸内細菌叢(腸内フローラ)を改善させ、また、脂質の代謝を高め、生活習慣病と深い関わりのある肥満の抑制効果がある可能性を、マウスを用いた実験により確認されたことを発表し、Food Science & Nutritionに 2020 年4月5日にオンライン掲載したことを発表した。

 

<研究概要>

方法と結果

実験用マウスそれぞれに、「対照食(CON)」、「高脂肪食(HFD)」、または「高脂肪食+8%卵殻膜粉末 (HESM)」のいずれかを20週間にわたり与えたところ、高脂肪食を与えられたマウスが卵殻膜を同時摂取 することにより、以下のことが分かった。

1. 血漿トリグリセリド(TG)および肝総コレステロール(TC)が減少し、カルニチンパルミトイルトランスビセ ラーゼ1Aおよびサイトカインシグナル伝達の抑制剤2などの脂質代謝遺伝子の発現を亢進させた

2. 腸内細菌叢(腸内フローラ)の解析では、抗肥満細菌である乳酸菌ロイテリの相対的な量が4、12および16週で上昇し、炎症関連のブラウティア・ヒドロトロチカ、ローズブリア・ファイシス、およびルミノコッ カス・カリヌスの相対量が12と20週で減少した

3. さらに、卵殻膜摂取は、マウス盲腸内のイソ酪酸を増加させ、ブラウティア・ヒドロトロピカおよびパラバキテロイド・ゴールドシュタインイと負の相関を示した

 

結論

HFDを与えられたマウスの卵殻膜摂取が、血漿TGおよび肝臓TCを減少させ、また脂質代謝遺伝子発現および腸内微生物叢組成を調節できたことから、卵殻膜が脂質代謝に有効である可能性が示唆された。

 

同社では、健康維持・増進に貢献するべく、今回の研究結果を踏まえて、卵殻膜の肥満抑制に関する機能性の更なる研究、および、機能性を有する商品開発・供給を進めていくとした。

 

一覧に戻る