健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

免疫ミルク素材を上市/中原

中原(さいたま市南区、℡048・710・8877)は、新たに免疫ミルク素材「S100MPC」を上市した。

 

生まれたばかりの赤ちゃんが初乳を通して抗体を獲得するシステムを乳牛に応用し開発された免疫ミルクは、米国で50年以上、日本でも10年以上にわたる販売実績を持つ。免疫力改善、アレルギー緩和、筋肉疲労回復などの効果が期待され、これまでにその機能性に関する研究や特許は世界で250を超える。

 

同社が扱うS100MPCは、ニュージーランド産の粉末タイプ。IgGを600mg/100g以上で規格している。実際にS100MPCを摂取させたヒト試験では免疫力向上が確認されており、免疫力の低い人は向上効果が大きく、逆に、免疫力が高い人は過度に向上しないことから、適度に免疫が維持することも分かっている。

また、マウスにS100MPCを摂取させた試験においては、大腸、盲腸内の細菌数が対照群より著しく低く、腸管細胞内リンパ細胞の細菌抑制力が高まる可能性も示唆された。

一覧に戻る