健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

健食通販「ニコリオ」に措置命令

埼玉県は、健食通販事業を行っているニコリオ(旧社名 ビアンネ、東京都世田谷区)に対し、同社が販売する「Lakubi(ラクビ)」と称するダイエットサプリメントに係る取引について景品表示法に違反する行為が認められたことから同法第7条第1項の規定に基づき措置命令を行った。

 

同社は、自社サイトにおいて「そうは言っても…高価なものは続けにくいですよね」「そこで『Lakubi』は1日たった17円」などと記載するなど、あたかも本件商品の一日当たりの購入価格が17円であるかのように表示していたが、これは初回購入価格500円を基に計算された値であり、2回目以降の購入には適用されないものになり、有利誤認と判断された。

また、アフィリエイトサイトにおいて、「3ヶ月で7kg落ちた方法を紹介!」などと記載し、容易に痩身効果が得られるかのような表示をしたとして、優良誤認でも違反行為として処分されている。

 

これに対し、同社は「埼玉県より、不当景品類および不当表示防止法違反および特定商取引法違反に基づく命令を受けました。今回の埼玉県の命令を真摯に受け止め、十分な再発防止措置を講じ、今後、このようなことを起こさぬよう全力で取り組んでまいります」と自社サイトにて反省の意を掲載している。

 

一覧に戻る