健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

“体内発酵”における水溶性食物繊維の価値を認知/イヌリア素材事務局

イヌリア素材事務局では、今回、管理栄養士200名と20代~60代の男女500名の計700名を対象に、免疫力と発酵(体内発酵)に関するアンケート調査を実施したことを発表した。

調査結果から、栄養と食事のプロである管理栄養士は“体内発酵(※)”の重要性や水溶性食物繊維の価値・役割を半数以上がすでに知っており、一般生活者との意識の差が明らかになった。

特に“体内発酵”に水溶性食物繊維が重要な役割を担うことを認知していたのは、管理栄養士では半数以上(50.5%)に対して、一般生活者では約1割(10.4%)となり、現在体内発酵を意識した生活をしていない人に対して、今後意識した生活をしたいかという問いに対しても、8割以上(81.8%)の管理栄養士が“とても思う”“どちらかというと思う”と回答した。

また、“体内発酵”に求める健康効果については、管理栄養士および一般生活者ともに、「免疫力の向上(76.2%)」が最も多い結果となった。

(※)体内発酵・・・大腸内で水溶性食物繊維などが善玉菌に発酵され、『短鎖脂肪酸』など有用物質が作り出されること。


■主な調査結果TOPICS

直近半年での免疫力を高める意識の変化について聞いたところ、全体4割(40.6%)が高まったと回答し、新型コロナウイルスの蔓延している中ではあるが、免疫力を高める意識についてはそこまで変化がないことが伺えた。一方で、管理栄養士に限定してみると、半数以上(55.0%)が高まったと回答し、プロの立場からは“免疫力”への意識が高まっている実態が明らかになった。

<Q1:直近半年で自分の免疫を高めるための意識は変わりましたか。(SA)>

 

免疫力を高めるために実践していることを質問したところ、管理栄養士、一般生活者ともに、最も多いのは「バランスの良い食事(52.6%)」となり、続いて、「適度な運動(42.9%)」、「発酵食品の摂取(40.4%)」という結果となった。また、管理栄養士では、「バランスの良い食事(75.0%)」となり、「適度な運動(55.0%)」と大きな差がついたことからも、免疫力を高めるために食事バランスの重要性を感じていることが示唆された。

<Q2:直近半年で免疫力の向上を意識して実践もしくはお薦めしていることは何ですか?(MA)>

 

体内発酵によって期待する健康効果について聞いたところ、最も多いのは「免疫力の向上(76.2%)」、次いで「便通の改善(54.6%)」という結果となった。

<Q5:体内発酵によって期待する健康効果は何ですか。(MA)>

 

 

一覧に戻る