健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

佐藤製薬が新製品2品を上市

「ストナアイビージェルEX」「同プラスジェルEX」新発売

症状特化型のかぜ薬『ストナEX』シリーズが完成

佐藤製薬が、独自の強化処方※1による症状特化型のかぜ薬「ストナEX」シリーズとして、つらい「のどの痛み・発熱」などのかぜの諸症状に効く「ストナアイビージェルEX」およびつらい「せき・たん」などのかぜの諸症状に効く「ストナプラスジェルEX」(いずれも指定第2類医薬品)を新発売した。

「ストナアイビージェルEX」は、のどの痛み・発熱などを引き起こす発痛物質「ブラジキニン」や発痛増強物質「プロスタグランジン」を効果的に抑える「トラネキサム酸」と「イブプロフェン」を配合し、つらい「のどの痛み・発熱」などのかぜの諸症状に優れた効果をあらわす。独自の強化処方※1として、市販のかぜ薬で最大量となる「イブプロフェン」600mg※2を配合しており、臨床試験によりかぜの諸症状に対する優れた有効性を確認したかぜ薬。

「ストナプラスジェルEX」は、医療用で汎用される2種類の去痰成分「L-カルボシステイン」および「ブロムヘキシン塩酸塩」を含む5種類の鎮咳去痰成分を配合し、つらい「せき・たん」を伴うかぜに優れた効果を発揮する。

「L-カルボシステイン」および「ブロムヘキシン塩酸塩」の作用により、気道粘液の分泌を正常化し、粘稠なたんの流動性を高めて排出を促すとともに、「ジヒドロコデインリン酸塩」および「ノスカピン」が二つの咳中枢受容体(オピオイド受容体とシグマ受容体)に作用し、つらいせきを鎮める。

さらに、かぜで消耗しやすいビタミンB2および柑橘類の皮や袋などに多く含まれるビタミンPの一種であるヘスペリジンを新配合し、つらいかぜの諸症状の回復をサポートする。

今回、昨年発売した鼻症状特化型のかぜ薬「ストナジェルサイナスEX」に加えて、「ストナアイビージェルEX」および「ストナプラスジェルEX」を発売することで、“症状特化型処方”×有効成分が素早く溶ける“液体inカプセル”が特長の「ストナEX」シリーズが完成した。

2020年のかぜシーズンには、ブランドアンバサダーを務める浅田真央が出演する新TVCMを放映予定。

 

※1:従来品と比較して、※2:1日服用量(6カプセル中)

一覧に戻る