健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

亜臨界水抽出による素材提案/日研フード

日研フードは、天然調味料および嗜好性粉末飲料の製造で培った原料加工技術と生産設備を活用し、抽出、濃縮、乾燥(ドラム・スプレードライ)、造粒といった原料の各種受託加工を行う。中でも、亜臨界水抽出技術を用いた提案に力を入れており、健食素材や化粧品素材の開発を目的とした問い合わせも増えている。

亜臨界水とは高温高圧の“沸騰しない水”であり、常温常圧の水と比べて、有効成分の抽出率向上、成分の低分子化といった特徴を持つ。酸、アルカリ、アルコールなどの有機溶媒に頼らず、水に溶けにくい成分を抽出できることなども支持されている。

また、同社では亜臨界水抽出技術を用いた自社原料も展開。完熟前の静岡県産青蜜柑【写真】から抽出した冷え改善や花粉・アレルギー対応にアプローチする「静岡県産青みかんエキスPSW」(ヘスペリジン含有)の拡販に努めるとともに、連続式亜臨界水抽出装置を用いた原料加工の受託提案も強化していく。

一覧に戻る