健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

乳児用液体ミルク賞味期間延長へ/ 雪印ビーンスターク

承認・許可を得て1年へ

雪印ビーンスタークの乳児用液体ミルク「ビーンスターク 液体ミルクすこやかM1」は、行政から承認・許可を得たことにより2020年8月生産品より賞味期間(開缶前)を365日に延長し発売する。

「ビーンスターク 液体ミルクすこやかM1」は、雪印ビーンスタークによる母乳調査の研究成果を生かした「オステオポンチン」「DHA」配合の育児用液体ミルク。

母乳に含まれる乳児の発育に大切な「オステオポンチン」「DHA」「シアル酸」「母乳オリゴ糖(ガラクトシルラクトース)」「カルシウム」を摂取できる。

粉ミルクの「ビーンスターク すこやかM1」と同等の配合設計で、70℃以上のお湯で溶かすことや温めるといった調乳作業が不要なため、哺乳瓶に入れてそのまま与えられる。

また、スチール缶のため、持ち運び・保存にも適しており、災害時や外出時、夜中の授乳時などにも使用できる。

 


【製品概要】

商品名:「ビーンスターク 液体ミルク すこやか M1」

内容量:200ml/200ml×6缶

希望小売価格(税別):200ml(215円)/200ml×6缶(1,290円)

一覧に戻る