健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

マツキヨPBのイメージキャラクターにAYAが就任

 マツモトキヨシグループのPBブランド初の取り組み

“日常的なアスリート”市場拡大を受け、2020年ラインアップ拡充図る

マツモトキヨシホールディングスは2020年4月より1年間、クロスフィットトレーナーのAYA氏を「matsukiyo LAB アスリートライン」のイメージキャラクターに起用し、商品ラインアップの拡充を図る。

「matsukiyo LAB アスリートライン」は日ごろから真剣にスポーツに取り組むアスリートをターゲットとして開発されたPB商品シリーズで、マツキヨグループの管理栄養士などの専門家が監修している。

ラインアップは15種類、売上げ数は154万個(2020年1月時点)と成長著しいブランドで、特に人気の高い製品が「プロテインバー」。手軽にタンパク質を摂取できるため、おやつ代わりや日常の栄養補助として支持を集めている。

さらに5月11日より新製品「matsukiyo LAB クエン酸 5000パウダー」「matsukiyo LAB プロテイングミ」「matsukiyo LAB アミノ7100ゼリー」「matsukiyo LAB プロテインバー ビターチョコレート味」を全店で発売する。

イメージキャラクターのAYAは、マツキヨPBのシンボルである19度の「マツキヨスラッシュ」を取り入れたポージングで、「matsukiyo LAB アスリートライン」をアピールしていく。

一覧に戻る