健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

マキベリーエキス、ヒト臨床試験で肌のくすみ・色ムラ改善作用を確認/オリザ油化

オリザ油化(愛知県一宮市)は、強力な抗糖化作用を有するマキベリーエキス「Delphinol(デルフィノール)」の機能性について、新たにヒト臨床試験で肌のくすみおよび色ムラ改善作用を確認した。

同研究では、健常人女性16人に「デルフィノール」60mg/日もしくはプラセボを摂取させ、「顔の色味(色相、彩度、明度)」、色素沈着の数と面積、赤みの数と面積、しわの数と長さ、キメ、水分、油分、コラーゲンスコア、肌の弾力、経表皮水分蒸散量といった項目を①摂取開始前➁4週間後③8週間後の3回にわたって測定した。

その結果、「デルフィノール」摂取群では摂取8週後に顔面の「彩度」が有意に改善。一般的に、彩度が高まると「鮮やかな顔色」、低くなると「くすんだ顔色」と言われるため、「デルフィノール」の摂取による顔色のくすみ改善効果が示唆された。また、摂取開始から4週間後には、顔の赤みによる色ムラを改善したことも示唆されている。

なお、本臨床試験の結果は特許を申請中だ。

同社では、こうした研究成果を生かし、美容分野に向けた「デルフィノール」の提案を一層強化していく方針だ。

一覧に戻る