健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

ヘルスライフビジネス9月15日号好評発売中!

米国でサプリ摂取劇的増加

新型コロナウイルス (Covid‐19)パンデミックの感染被害が深刻な米国では、サプリメントを活用した積極的な予防対策に乗り出す人が急激に増えていることが分かった。米国の主要業界団体CRN(米国栄養評議会、ワシントンDC)が8月に発表した調査結果によると、日常的にサプリを摂取する人の約43%がコロナ禍で摂取習慣を換え、その9割以上が摂取量を増やしたり、別のサプリを追加摂取していることが明らかに。利用を増やした素材としてはビタミン、ミネラル、プロテイン、食物繊維などの増加が明らかになった。米国成人の4分の3以上がサプリ服用が報告され、その8割以上は「コロナ対策に役立つ」と考えていることも調査で分かった。わが国でも複数の民間調査会社や医療関連メーカーなどがコロナ禍における感染予防調査を行っているが、サプリに関しては使用機会は増えているものの全体の3割に満たないケースなど全体として米国ほど大きな数字は出ていない。

 

詳細はヘルスライフビジネス9月15日号をご覧ください。

一覧に戻る