健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

ヘルスビジネスチャイナ&アジア 10月号発刊!

中国のヤング世代に高まる“養生”ニーズ 売上好調な免疫を向上する中医薬や健食

健康意識の向上、とくに新型コロナウイルス発生後の健康維持、免疫力向上意識の向上に伴い、中国ではヤング世代の“養生”ニーズが高まってきた。中医薬の老舗店では高麗人参、三七人参、セッコク(石斛)、西洋人参といった免疫力を高める中医薬や健康食品の売上げが急増する傍ら、クコ入りカフェ・ラテが楽しめる健康喫茶店が登場し、インターネットやSNSで話題になっている。

『若者の養生消費動向報告』によれば、現在、1990年代生まれの9割以上が“養生”意識をもっており、1990年以降生まれの半数以上が、“養生”を意識した生活を送っていることが明らかになった。高齢者人口の増大に伴い、シルバー層をターゲットにした商品の需要が高まるなか、今後は従来の高齢者に加えヤング世代に向けた免疫力増強アイテムの開発が進み、免疫市場のさらなる拡大が期待される。

詳しくはこちら

 

一覧に戻る