健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

フォーデイズ、健食事業売上高6.3%減少の261.7億円

フォーデイズ(東京都中央区)は23日、2020年3月期決算を発表。健康食品事業については売上高261億7300万円で前期比6.3%の減収となった。

主力製品である「ナチュラル DNコラーゲン」(核酸ドリンク)は1999年12月の発売から20周年を迎え、累計販売本数6000万本を超えた。また、昨年7月には機能性表示食品の第4弾となる膝関節の可動性をサポートする「Jチャージ」を発売。11月にはアミノ酸サプリメント「アミノアクティー EX BCAA&グルタミン プラス」をリニューアル発売するなどしたが、既存製品の落ち込みを補うまでには至らなかった。

コロナ禍で、感染拡大防止の観点から各種セミナーやイベントを自粛。新規顧客獲得の機会が減少したことが売上にも影響したが、オンラインを併用した営業活動や新しい生活様での販売体制の構築と管理体制の強化に努めており、総売上高は322億2900万円で前期比4.2%減、経常利益は26億8600万円で前期比3.3%増となった。

一覧に戻る