健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

バナナとして初の機能性表示食品を販売/ドール

ドール(東京都千代田区)は、ドールの生産するバナナのうち9品目においてバナナとして初めて、血圧が高めの方の血圧を下げる機能があるGABA(γ-アミノ酪酸)を含んだ機能性表示食品として届出が完了したことを受け、“血圧が高めの方に”と訴求表示した商品を5月から順次店頭販売を開始することを発表した。

同社のバナナに含まれるGABAは、バナナに多く含まれるうまみ成分であるグルタミン酸の一部が、バナナの実の成長に伴い、変化してできる、自然由来の成分。

GABAは1日12.3mgを摂取すると血圧高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されており、ドールのバナナの可食部120g(1本~3本)を食べると、機能性が報告されている1日当たりのGABAの摂取目安量の50%、およそ6.2mgを摂取できる。

 

商品は、「極撰バナナ」「ドールバナナ」「スウィーティオバナナ」「低糖度バナナ」「エクアドルプレミアムスウィート」「有機栽培バナナ」「ドールバナナグリーンフォレスト」など9品目を全国で販売する。


■機能性関与成分

GABA(γ-アミノ酪酸):6.2mg

■届出表示

本品にはGABAが含まれ、GABAを12.3mg/日摂取すると、血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されています。本品を可食部120g(1~3本)食べると機能性が報告されている1日当たりの機能性関与成分の量の50%を摂取できます。

■1日の摂取目安量

1日可食部120g(1本~3本)


■特設サイト ドールホームページ内「機能性表示食品ページ」

https://www.dole.co.jp/brand/kinosei/

 

一覧に戻る