健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

ドラックストア1店舗あたりのインバウンド購買金額が6割減少

ビックデータマーケティングの株式会社True Data(本社: 東京都港区)は全国のドラックストアのPOSデータによる2020年2月度のインバウンド消費動向調査を発表した。

調査によると、ドラックストアにおけるインバウンド購買金額は、同年同月と比べ59.9%減少した。

インバウンド消費が大幅に落ち込む一方、国内消費は新型コロナウイルスの影響で16.1%増加した。

JNTOによる2月の訪日外客数は、新型コロナウイルスの影響により、中国の団体ツアー等が禁止されたことなどから、前年同月と比べ58.3%減少した。海外からの入国が難しいことや、世界的に海外旅行を控える動きが発生していることから3月もインバウンド消費の落ち込みが懸念される。

 

2月のインバウンド消費売上個数ランキングの顔ぶれは1月と大きく変わり、1月に12商品ランクインしていたマスクは、品薄状態が続いたため、ランキングから姿を消した。反面、栄養を補給するビタミン剤が3商品ランクインしている。

● 2020年2月度のインバウンド消費売上個数ランキングTOP30より

順位

7位  (圏外↑)DHC ビタミンCハードカプセル60日分 120粒

16位 (圏外↑)大木製薬 パパーゼリー5 120粒

21位 (圏外↑)武田コンシューマーヘルスケア アリナミンEXプラス 120粒

 

※ 詳細は、弊社の「H&Bリテイル」5月1日号に掲載予定

一覧に戻る