健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

ゼラチン被膜用コート剤発明で特許取得/日本予防医学研究所

 AFC‐HDアムスライフサイエンスのグループ企業で、健食と化粧品の研究や商品企画などを行う日本予防医学研究所(静岡市駿河区)はこのほど、ソフトカプセルのさらなる品質向上に寄与する「ゼラチンカプセルおよび該ゼラチンカプセルの製造方法」において特許を取得した。
 同社は2016年に同様の特許を取得しているが、今回の特許はその既存特許とは別のゼラチン被膜用のコート剤を発明したというもの。この新たな技術により、凝集吸着性の低減が図られ、ゼラチンカプセルの熱による溶解・変形を防ぐことが可能となる。
 これら特許は、ソフトカプセルの品質向上に寄与し、特に低融点の魚由来ゼラチンで威力を発揮するという。AFC‐HDグループでは、独自の技術開発を今後も継続して行い、他社との差別化を図っていく。

一覧に戻る