健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

スポーツ向けにNZ産カシス由来アントシアニン抽出パウダーを提案/新日本薬業

新日本薬業(東京都中央区、℡03・3667・5941)は、運動パフォーマンス向上など多くのエビデンスを蓄積する「ニュージーランド産カシス由来アントシアニン抽出物パウダー」の提案に注力する。

 

豊かな自然で育まれたNZ産カシスには、100g中600mgの豊富なアントシアニンが含まれる。他地域産のカシスやビルベリーなどと比較してもその値は高く、全アントシアニンのうち8割以上をカシス特有の「デルフィニジン-3-ルノチサイド」と「シアニジン-3-ルノチサイド」が占める点も特徴だ。これらのアントシアニンが、酸化ストレスに対する生体防御機構として知られるNrf2を活性化させ、身体へのさまざまな機能をもたらすことが明らかとなっている。

 

健常な成人10人を対象にNZ産カシスエキス(アントシアニン240mg)を運動2時間前に摂取させ運動30分後の血液を測定した試験では、筋肉損傷を示すバイオマーカー・クレアチンキナーゼ量の減少を確認。運動時の筋肉ダメージを軽減することが分かった。アンケート試験においては、筋肉痛の有意な軽減も確認されている。

健常な成人14人に7日間NZ産カシスエキス(アントシアニン105mg)を摂取させ、摂取前との運動結果を比較した試験では、16・1kmのランニングで計測時間が2・4%短縮。同様の試験でランニング距離も伸長しており、NZ産カシスの運動パフォーマンス向上作用も明らかとなっている。

 

担当者は「日本ではスポーツにカシスというイメージがまだ浸透していないかもしれませんが、運動に関する機能性が多数報告されています。NZラグビー代表のジャック・グッドヒュー選手もNZ産カシスのブランド大使です。今後さらに研究を進め、機能性表示対応素材としてもPRしていく予定です」と話す。アントシアニン抽出物パウダーは風味にクセが無いため扱いやすく、サプリや飲料、プロテインなど多彩な製品に配合が可能。

 

また、NZ産カシスブランド「ADAPTIVE(アダプティブ)」を立ち上げ、他地域産カシスとの差別化も図っていく。

アダプティブウェブページ https://www.nzblackcurrants.com/adaptive/

一覧に戻る