健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

サンスター 妊娠・子育て世代と乳幼児向け事業を本格始動

サンスターは、生まれる前から乳幼児期の子どもの口腔内の健康を起点とした全身の健康をサポートする事業を2020年春4月中旬より本格始動する。

生まれてから3歳頃までは、乳幼児特有の菌叢(フローラ)を形成する時期で、人が健やかに生きていくための基礎を作る重要な時期となる。サンスターはフローラが形成される時期を“ゴールデンエイジ”と位置づけ、妊婦も含めた生まれる前から幼少期の子どもの口腔、更に、腸、肌にも着目。有益な菌を守り、身体の機能を育てる製品・情報・サービスの開発を進めている。

人生100年時代のスタートでもある妊娠前から乳幼児期の菌叢と身体の機能を育てる事が重要であると考え、本事業を立ち上げることで、一丸となって人々の健康寿命の延伸に寄与する事業活動に取り組み、製品やサービスの開発などを本格化する。

また、今後は日本だけでなく、アジアでの展開も視野に入れ、特に0-6歳の子どもや妊活・妊娠・子育て中の大人を含めた、約1億2000万人をターゲットに製品開発・情報・サービスの提供し、事業推進していく。

一覧に戻る