健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

カゼインタンパクをスポーツ栄養や流動食などに提案強化/タツア・ジャパン

タツア・ジャパン(東京都中央区)では、噴霧乾燥した乳由来のカゼインタンパク各種をラインアップしている。

同品は、ホエイタンパクに比べ、胃で凝集し消化吸収に時間がかかることが特徴。腹持ちが良くスポーツ時やダイエット時に適している。流動食として採用されるケースも多く高齢者向けとしても提案している。

同社では、カゼインタンパクにナトリウムやカルシウム、カリウム、マグネシウムなどを配合した製品を取り揃えている。顧客からは、粉末の性状の良さを喜ばれており、分散のしやすさから、スポーツ向けではカゼインカルシウムの採用が多いという。

また、乳化力・耐熱性が高いことから缶コーヒーや一般食品などでも利用されており、今後もホエイタンパクとの差別化を図っていく方針だ。

一覧に戻る