健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

オルトメディコ DHA/EPAによる小児食物アレルギー改善に関する研究開始

オルトメディコ、あいち小児保健医療総合センター、ノーベルの三者が特定臨床研究で協業

ヒト臨床試験の受託運営を行うオルトメディコは、あいち小児保健医療総合センター、ノーベルの三者間で「即時型食物アレルギー反応に対するDHA/EPA補充の抑制効果」に関する研究特定臨床研究を開始した。

 

試験サンプルとしてノーベルから「のむDHA+EPA900」の提供を受け(1本当たりDHA 720 mg、EPA 180 mgを含有)、この乳酸菌飲料を1日1本、食物アレルギーを持つ小児に与え、3ヶ月間の介入によって、食物アレルギーの緩和が確認されるか検証する。

n-3系多価不飽和脂肪酸とも呼ばれるDHAやEPAは、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患に対する治療補助に

有用であることが明らかにされてきたが、現状では食物アレルギーに対する効果は明らかにされていない。

また、乳幼児に発症する食物アレルギー児は、その後、喘息・アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎などを高頻度に発症リスクが高いと言われているが、未だ食物アレルギーの治療薬はない。

オルトメディコは「本研究結果が食物アレルギーの治療薬開発の一助になることを期待している」と研究の目的を示している。

 

一覧に戻る