健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

エビデンス豊富な独自素材を用いたOEMを提案/備前化成

備前化成(岡山県赤磐市☎086・995・3311)は、機能性成分の溶出時間をコントロールできる新技術「B‐ReC(ビーレック)錠」ならびにエゾウコギ抽出エキス粉末「UKOGIN(ウコギン)」や、Wヘルスクレームの機能性表示に対応する高濃度DHAの提案に力を入れる。

 

B‐ReC錠は、各消化器官において有効成分をピンポイントに溶出させ、効果的に機能を発揮することができる。例えば、「乳酸菌(死菌)を、腸管免疫を持つ小腸で溶出する」、「一定濃度以上は体外に排出されてしまう水溶性ビタミンを徐々に溶出させ、血中ビタミン濃度を維持する」など、成分に適した調整が可能だ。胃では全く溶出せず、錠剤の形や大きさが自由に設計できる点も大きな特徴である。

 

中国北部などに分布する夏緑広葉樹のエゾウコギを抽出エキス末化したウコギンは、「脂肪抑制」と「代謝上昇」のスイッチをONにする機能性素材。備前化成と立命館大学が行った共同研究で、ウコギンが肥大化した脂肪細胞を小型化することが明らかにされた。これは、脂肪細胞の分化・肥大化に係る因子「PPARγ」の発現量をウコギンが抑えるためとみられる。

また、ウコギンは、エネルギー産生に係る重要な酵素で「代謝マスタースイッチ」と呼ばれるAMPKを活性化させる働きを持つことも確認された。活性化したAMPKはアセチルCoAカルボキシラーゼを不活性化し、脂肪酸合成経路をブロック。体を「エネルギー産生」の方向へ向かわせる。

ウコギンはエゾウコギエキス100%品で、錠剤のほか、顆粒や飲料など、幅広い剤形に配合が可能だ。

 

機能性表示対応の高濃度DHA「DHA70 BAPT」は、認知機能サポートならびに中性脂肪低下のWヘルスクレームが低用量で可能なことから、引き合いを伸ばしている。

「DHA70 BAPT」は、規格DHA定量値630mg以上の高濃度品。そのため、最終製品の摂取粒数減少やカプセルサイズ低下、空いた容量に他素材を配合できるなど、消費者やメーカーにとってのメリットが多い。高度脱臭抗酸化技術:BAPT(Bizen Antioxidant Processing Technology)により、安定化ならびに酸化劣化を原因とする臭いの発生を抑制している。ヒ素や水銀、ダイオキシンといった天然原料由来の不純物については限界まで除去・規格化し、IFOS(国際フィッシュオイル協会)の定める認証に匹敵する品質の高さを誇る。原料搾油から製造工程すべてを国内で行う「メイドインジャパン品」であることも大きな特徴だ。

機能性表示制度では、「DHAには、中高年の方の加齢に伴い低下する、認知機能の一部である記憶力、判断力をサポートすることが報告されています。(記憶力:数字に関する情報を記憶し、思い出す力。判断力:数字や文字の情報を認識し、次の行動にうつす力。)DHAとEPAには血中の中性脂肪を低下させる機能があることが報告されています」のWヘルスクレームが受理されている。従来の約半量となる低用量(480mg)での受理となっており、顧客から喜ばれている。

同社では、機能性表示専任スタッフがさまざまな質問や要望へ対応。多彩な原料を揃えていることや、錠剤、顆粒、カプセル、ドリンク、ゼリーなど幅広いOEMを行っており、顧客へのトータルサポート体制を強みとする。

一覧に戻る