健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

エゾウコギ100%抽出エキス末「UKOGIN(ウコギン)」の原料供給・OEMを提案/備前化成

備前化成(岡山県赤磐市、☎086・995・3311)は、エゾウコギ100%抽出エキス末「UKOGIN(ウコギン)」を提案する。

 

 エゾウコギは中国北部などに分布する夏緑広葉樹で、シベリアニンジンともよばれる世界4大ニンジンのひとつである。抗ストレスや抗疲労などの効果が期待され、世界中で多数の健康食品に活用されているが、備前化成のウコギンは多くのエビデンスデータで他のエゾウコギ素材と差別化を図る。

同社と立命館大学スポーツ健康科学部との共同研究では、ウコギンが脂肪細胞の分化・肥大化に係る因子「PPARγ」の発現量を低下させ、脂肪細胞を小型化することを明らかにした。

また、「代謝マスタースイッチ」と呼ばれるエネルギー産生に係る重要な酵素AMPKを活性化させる働きを持つことも明らかにした。活性化したAMPKはアセチルCoAカルボキシラーゼを不活性化し、脂肪酸合成経路をブロック。体を「エネルギー産生」の方向へ向かわせる。

「脂肪抑制」と「エネルギー産生」の2つのスイッチをONにできるユニークな機能を持つことから、昨年の上市以降注目を集めている。現在、消費者庁への機能性表示の受理に向けた取り組みも進めている。

規格は、エゾウコギの有効成分であるエレウテロシド(B+E)がウコギンの粉末中に1・0%以上と高含有だ。

 

ウコギンは錠剤や顆粒、飲料などに配合が可能であり、その用途は幅広い。

“自然素材の力をカタチにするパイオニア”である同社は、積み重ねたノウハウをもとに、顧客の要望に寄り添ったOEM事業を展開している。

一覧に戻る