健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

【米国情報】ビール酵母エキスはアスリートたちの運動回復に有効?

ニュートラ イングレディエンツ 米国が、米国・ポーランドの研究者が中心になり、ビール酵母の主成分であるβ-グルカンに着目し、その有用性を検証(研究は無作為二重盲検、n=31健常人)したことを報じた。

米国では2002年からアサヒフードが「アスリートの為のスーパービール酵母」を販売、成分はBCAA(3種の分岐鎖アミノ酸)+6種のアミノ酸+ビタミンB群+ビール酵母。疲労損傷した筋肉に有効なタンパク源となり、更にエネルギー源としても働くので、アスリート達のパフォーマンスアップに活用されている。

研究チームの発表では、β―グルカンを豊富に含むビール酵母エキスを摂取すると、炎症マーカーの働きを抑え、運動疲労を回復する作用があると発表(ミオグロビンの減少)。13日間250 mgβ-グルカンを摂取するとマクロファージ・インターロイキン8(IL-8)が活性化され、トレッドミル負荷試験(心臓に少し強めの負荷をかけることによって心臓機能・運動耐応能を調べるもの)で運動後の炎症マーカーの大幅減少が示唆された。

β-グルカンは炎症の状態、筋肉損傷パラメーター、心理的パラメーターに良い影響を与える事が示唆され、ビール酵母由来β-グルカン投与により、MCP-1(単球走化性因子monocyte chemoattractant protein-1)と炎症誘発性サイトカインIL-8が大幅に減少し、筋損傷のマーカーであるミオグロビンの現象も認めた。この現象は、運動回復が早いことを示唆している。

一覧に戻る